こんにちは!山梨県甲斐市に拠点を構え、県内で屋根塗装や外壁塗装などを手がけるトザワ建装です。
中塗り・上塗り用塗料の主な成分は、耐候性やグレードに影響する合成樹脂、色をつける顔料、劣化防止などの機能を付与する添加剤の3つです。
それに溶液を混ぜて使用するのが塗料となります。
そのような塗料は、合成樹脂や顔料、添加剤や溶剤の種類によって、使用用途や機能が大きく異なってくるものです。
今回は、この中の一つである溶液に関してご紹介したいと思います。

溶剤ってどんなもの?


塗料に含まれる合成樹脂や顔料などの塗料は、液体ではなく個体であるため、それらを液体で溶かして塗って乾かし、溶かした液体を蒸発させることで塗装を行います。
このときに使用する液体が、溶剤と呼ばれるものです。
外壁で溶剤を使用する場合、水かシンナーを使います。
溶剤として水を使った場合は水性塗料、シンナーを使う場合には油性塗料に分類されます。

水性タイプの溶剤の特徴

塗装工事といえば、シンナー臭いイメージがある方も多いと思います。
しかし水性タイプの溶剤の場合、こうしたシンナー臭はありません。
また油性タイプと比較して価格が安いため、施工費を抑えられるメリットがあります。
ただし油性タイプよりも少しだけ耐候性が低く、ツヤが落ちやすいというデメリットがあります。

油性タイプの溶剤の特徴

溶剤として、シンナーを使用する場合の塗料は油性タイプです。
油性タイプは耐久性に優れており、ツヤが出やすい特徴があります。
さらに塗料の密着性もいいため、水性タイプより長持ちするともいわれています。
ただし施工時はシンナー臭がすることと、水性タイプと比較して価格が高いというデメリットもあるので、注意は必要です。

トザワ建装へご相談ください!


トザワ建装では、平成15年の創業以来、山梨県内で外壁を中心とした塗装工事を行っております。
お客さまのご要望や予算に合わせたプランニングを行い、いかなる現場でも、高品質な施工をご提供しております。
さらにアフターフォローまでしっかりと対応をしているため、お客さまにご安心いただける環境です。
これからもお客さまの気持ちや暮らしに寄り添った、心を込めた施工を行ってまいります。
塗装工事をお考えの際には、まずはトザワ建装にご相談ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


トザワ建装
〒400-0115 山梨県甲斐市篠原2654-5
TEL:055-279-6302
FAX:055-279-6302