こんにちは!山梨県甲斐市に拠点を構え、県内で屋根塗装や外壁塗装をはじめとした各種塗装工事を手がけるトザワ建装です。
屋根は年数が経つごとに劣化が進んでいき、然るべきタイミングで塗り替えを行う必要があります。
しかし普段はあまり目につかない場所でもあるため、なかなか塗り替えの必要性を意識できません。
そこで今回は、屋根の塗り替えを検討するタイミングについてご紹介したいと思います。

塗料の耐用年数で検討する


屋根の塗り替えを行うタイミングの一つとし
て、使用された塗料の耐用年数が目安になります。
アクリル系塗料であれば5年から7年、ウレタン系塗料は6年から10年、シリコン系塗料は8年から15年です。
しかし前回使用した塗料を覚えているという方は少ないでしょう。
一昔前までは、ウレタン系かシリコン系の塗料がよく使用されていたため、おおよそ10年を目安と考えるのも一つの手です。
ただし汚れや色褪せが目立つ場合には、迅速に専門家に相談しましょう。

屋根の不具合があればすぐに検討する

塗料だけではなく、屋根にも経年劣化のタイミングがあるものです。
また塗装を長い期間行っていなかった場合、塗装が剥がれた箇所から雨水が浸食をして損傷することも考えられるのです。
このような要因によって、雨漏りや隙間風が発生する可能性もあります。
こうした場合は塗装だけではなく、防水補修や加工が必要となるでしょう。
まずは信頼できる業者に見積もりを依頼して、対策することをおすすめします。

季節で検討する

屋根の塗装を検討する際に、意外と重要になってくるのが季節です。
塗装業者の繁忙期は夏頃といわれているため、この時期に依頼をしても予約が取れないケースが考えられます。
そのため繁忙期から少し外れた秋や春に依頼すると、スムーズに対応してくれるでしょう。
季節によって、屋根塗り替えを検討するのも一つの手段です。

トザワ建装へご相談ください!


屋根には、タイミングやご予算、依頼する業者をどこにするかなど、考えるべきポイントが数多くあるのです。
トザワ建装では、お客さまからの予算や工期に関するご相談に、柔軟に対応しております。
また業歴30年の代表や「1級塗装技能士」などの資格を持つ熟練のスタッフが、常に高品質な施工をご提供しております。
さらに、山梨県内で戸建て住宅から集合住宅、商業施設に至るまで、さまざまな現場で施工を承ってきました。
屋根の塗り替えでお悩みの方は、まずはトザワ建装までご相談ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


トザワ建装
〒400-0115 山梨県甲斐市篠原2654-5
TEL:055-279-6302
FAX:055-279-6302