こんにちは!山梨県甲斐市に拠点を置き、県内で屋根塗装や外壁塗装などを手がけるトザワ建装です。
セメントを薄い板に加工し、それを敷き詰めて固定をしたコロニアルスレートは、日本の住宅の屋根材としては最も普及しているものです。
コロニアルスレートは、築年数が経つと苔や藻が発生したり、色褪せたりする場合があります。
そこで今回は、コロニアルスレートの屋根の塗り替えをするべきかどうかについてご紹介したいと思います。

塗り替えをしないとどうなる?


ご自宅の屋根は普段目が届かない場所であるため、どんな状態になっているのか把握しにくいものでしょう。
屋根は塗り替えを行わないと、見た目が悪くなるだけと考えている方が多いのですが、実は屋根から建物全体の急速な劣化が起こるケースがあります。
塗装の剥がれた箇所が雨水を吸収することによって、膨張が起こります。
膨張した箇所が乾燥すると今度は収縮が起こるため、屋根に大きな負担がかかります。
こうした屋根への負担による雨漏り、ヒビ割れによる害虫の侵入によって、建物自体の寿命が短くなるという悪影響が出てしまうのです。

どれくらいで塗り替えをした方がいい?

現在多くの家庭で使用されているコロニアルスレートの塗り替え時期は、およそ10年から15年とされています。
ただし建築した地域の環境や気候によっても左右されるため、一概にはいえませんが、例えば建物の色が褪せ、苔や藻が発生した時点で専門業者に相談してみるのもいいかもしれません。

塗り替えを行うメリット

屋根の塗装は見た目を良くするだけではなく、実は防水性を回復させる目的があります。
塗料によって屋根の下地を雨水から守り、その結果、耐蝕性を高めるのです。
屋根が水分を吸って膨張と収縮を繰り返すことで、建物そのものに負担がかかります。
そのため屋根の塗装を行えば、建物本体の延命にもつながるのです。

トザワ建装へご相談ください!


常に天候から私たちの生活を守ってくれている屋根も、年数が経つと劣化が目立つようになります。
塗装はただ色を塗りなおすだけではなく、建物の維持に必要な機能の回復を行う効果もあるのです。
トザワ建装は平成15年に創業して以来、山梨県内を中心に戸建て住宅や集合住宅、工場や商業施設などさまざまな建築物で塗装工事を承ってきました。
各種吹き付け工事にも対応しているため、建物の寿命を延ばして価値を高める施工やプランニングを行っています。
またアフターフォローにも力を入れているので、お客さまにご安心いただける環境が整っています。
ご自宅の屋根の塗り替えをご検討の際は、トザワ建装にお任せください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


トザワ建装
〒400-0115 山梨県甲斐市篠原2654-5
TEL:055-279-6302
FAX:055-279-6302
※セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする